車の処分

さいたま市でバイクを買取・廃車してもらい簡単に捨てる方法とその手続き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
バイク

さいたま市にお住まいの方々も普段の生活でバイクに乗っている方は少なくないと思います。そんな便利なバイクですが、壊れてしまったりなにかの事情で何年も乗っていない。

そもそもどうやって捨てたらいいのかわからない。こういったバイクの捨て方(廃棄方法)でお悩みの方も多いと思います。

不要なバイクの処分方法は、バイクの大きさによって決められていますので、法律に則った方法で処分しないと法律違反となります。

このページではさいたま市でバイクを買取・廃車してもらい簡単に捨てる方法とその手続きの全てをお伝えしていきます。

目次

  1. 買取業者にまかせるか自分で手続するか
  2. 自分でするならこの流れ
  3. 50cc-125cc 
  4. 126cc-250cc 
  5. 251cc以上 
  6. まとめ

1.買取業者にまかせるか自分で手続するか

いつもの生活も忙しいのにそれに加えて色々役所にいったりするのなんか無理!って方も多いですよね。私も実際にバイクを処分したときはそうでした。

処分にも時間が節約できて、お金もいくらかもらったほうがいい。そういうときは基本的に買取をしているバイク屋さんに頼むことになると思います。

最近ではインターネットが普及しているため、インターネットで自動車を中古販売することも可能です。

インターネットでバイクを買取してもらう場合

以下のようなサイトで、ガイドラインに則ってバイクの買い手を募ってみるのもいいかもしれません。

  1. メルカリ
  2. ジモティ
  3. ガリバーフリマ
  4. Ancar
  5. Yahooオークション

バイクの個人売買で必要な手続き

バイクの個人売買で必要な手続きは主に名義変更です。

必須の手続き

  • 車両の名義変更
  • 自賠責保険の名義変更

人によっては必要な手続き

新しいバイクは買わない場合:任意保険の契約解除

バイクを乗り換える場合:任意保険の車両入替手続き

契約書を交わしておきましょう

引き渡したバイクに不具合がおきた場合でも、3か月程度の期間以降はすべて新しい買い手に負担してもらうような契約内容で、契約をしておきましょう。トラブル防止としてしておきたい事項です。

手続き内容

バイクの個人売買は以下の手続きの流れで行うことが一般的です。

  1. バイクの状態、代金、自動車税の未経過分を買い手に確認してもらう
  2. 契約書を交わす
  3. 買い手に代金を支払ってもらう
  4. バイクの引き渡し
  5. 車両、および自賠責保険の名義変更
  6. 任意保険の手続き

バイクの自動車税に関して

バイクのうち、排気量が250cc以下のものについては軽自動車税の対象となります。この軽自動車税は、毎年「4月1日時点のバイクの所有者」に支払い義務があります。
250cc以下のバイクは、排気量に応じて軽自動車税の金額が変わります。

道路運送車両法による名称は50cc以下を原動機付自転車(第一種)、50cc超~125cc以下を原動機付自転車(第二種)と区分されますが、税額は90cc超が境になっています。

125ccを超えると原動機付自転車には該当しませんが、このうち250cc以下のものは「二輪の軽自動車」として、やはり軽自動車税の対象です。そして250ccを超えると「小型二輪車」に区分され、軽自動車税の税額は最大になります。

区分排気量軽自動車税(1年間)
原動機付自転車
(第一種)
50cc以下2,000円
原動機付自転車
(第二種)
50cc超~90cc以下2,000円
原動機付自転車
(第二種)
90cc超~125cc以下2,400円
二輪の軽自動車125cc超~250cc以下3,600円
二輪の小型自動車
(車検対象車両)
250cc超6,000円
*2020年6月現在の自動車税を参考に作成。

バイクの個人売買で必要な書類

バイクを売る人の必要書類

  • 自動車検査証(標識交付証明書or軽自動車届出済証)
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • 委任状
  • 譲渡証明書
  • 印鑑証明書
  • リサイクル券
  • 住民票・戸籍謄本(※車検証に記載されている住所と現住所が異なる場合)

バイクを買う人の必要書類

  • 車庫証明
  • 印鑑証明書(契約書で押印するものと同じ印鑑)

バイクの名義変更方法

バイクの名義変更は、管轄の運輸支局で以下の流れで行います。

  1. 必要書類・費用の準備
  2. 管轄の運輸支局で書類を記入し、持参した書類を添えて提出
  3. 新しい車検証の交付を受ける
  4. 税申告窓口に自動車税・環境性能割申告書と車検証を提出
  5. ナンバーを返却し、新しいナンバーの交付を受ける

保険手続きは加入先の保険会社に問い合わせし必要書類を確認しましょう。

注意:個人でバイクを販売するとトラブルになることも

個人でバイクを売却するとどうしてもトラブルになるリスクが伴います。

なので、フリマサイトで売買をする上で、トラブルにならないように工夫することは必要です。

バイクの状態査定や名義変更を代行してくれるサービスなどを活用することをおすすめします。

特にバイクの名義変更は大切で、名義がしっかり変更されておれず、翌年以降も自動車税納付書が届いてしまうといったトラブルは起こってしまう可能性はあります。

2.自分でするならこの流れ

バイクが業者に買い取ってもらえなかった。その他の理由があり自分で廃棄しないと行けない場合は手続をしなければなりません。

流れとしては大きく分けると2段階必要です。

  1. ナンバープレートの返還(廃車手続)を各窓口で行って、ナンバーを外す
  2. ナンバーを外した車体をリサイクル業者や解体業者に引き取ってもらう

このような流れになります。しかし、バイクと言っても原付から大型まで様々あります。

車体を引き取ってもらうことは原付きから大型まで同じ業者ができるケースがほとんどですが、1のナンバープレートの返還(廃車手続)に関しては排気量別で必要書類や窓口が違います。

うっかり別の窓口に行ってしまっても手続きしてくれません。時間も労力ももったいないですよね。そうならないために次からは排気量別に必要な書類と窓口、手続き方法についてお伝えいたします。

3.50cc-125ccまでのバイク

この排気量までのバイクは原付きもしくは125ccまでの小型バイクは市税の総合窓口、または市税の窓口で廃車手続きを行います。

手続きの窓口はさいたま市で住んでいる区の区役所に行けば手続きが可能です。

その際に手続きがスムーズになる必要な書類と持ち物は

  • 認印
  • 免許証
  • 標識交付証明書 ※1
  • ナンバープレート
  • 廃車申告書 ※2

※1の 標識交付証明書は区がナンバーを交付しましたよという証明書です。サンプルは下記のようなものですが、紛失していても区役所の窓口が空いていれば即日発行が可能です

※2の廃車申告書は市に備え付けがありますがここからダウンロードして予め記入しておいたほうがベターです。

これらを持っていくと、区役所の窓口で「廃車証明書」が受け取れます。

バイクを売るときも、解体に出すときもこの書類が必要になります。大切に保管してください。

4.125cc-250cc(軽自動二輪車)

125cc以上の排気量のバイクは区役所では廃車手続きができません。

お住まいの地域の陸運局に行って廃車手続きを行う必要があります。

陸運局は市内から少し離れた距離にありますので、地図は以下のページから確認してください。

手続きは主に「埼玉運輸支局」で行いますの。

埼玉運輸支局アクセス・連絡先

所在地:埼玉県さいたま市西区大字中釘2154-2
電話番号:050(5540)2026
交通手段:JR大宮駅西口下 車
東武バス 8番乗り場(平方又はリハビリセンター行)で運輸支局前下車

営業時間:8時45分~16時まで(検査申請受付時間は15時45分まで)
登録・検査申請受付時間は、土・日・祝日・12月29日から1月3日を除く平日

手続きに必要な書類と持ち物はこちらになります。基本的には原付の廃車手続きに必要なものと変わりません。

  1. *軽自動車届出済書
  2. 印鑑 (認印可)
  3. ナンバープレート 
  4. 免許証などの写真付き身分証明書

*軽自動車届出済書はナンバープレート交付時にもらえる書類です。紛失した場合は陸運局で再発行手続きができます。

陸運局で備え付けの書類に必要事項を記入して、先ほどお伝えした書類や持ち物を窓口に渡して手続きが完了します。問題がなければ陸運局から下記のどちらか書類が交付されます。

バイクを業者に売ったりする場合であれば、

軽自動車届出済証返納証明書交付請求書

バイクが動かなくて解体業者などに引き渡す場合であれば

軽自動車届出済証返納届出書

この書類が交付されて、廃車手続きは終了です。

この書類は売るか、解体するときに必要になりますので必ず大切に保管しておいてください。

5.250cc-大型バイク

こちらも先程と同様に陸運局での廃車手続きとなります。先程の小型自動二輪よりも陸運局で受け取る書類が多いので忘れずにもらってください。

自宅から持っていく持ち物はこちらになります。

  1. 自動車検査証(車検証)
  2. 印鑑 認印可 
  3. ナンバープレート
  4. 写真付き身分証明証 

陸運局から交付してもらう書類はこちらになります

  1. 抹消登録申請書
  2. 手数料納付書
  3. 自動車税申告書 
  4. 検査登録印紙 

家から持参するものを持って陸運局に行き、交付してもらった書類をその場で記入して提出→証明書を受け取る。この流れで廃車手続きは完了です。

以上が原付から大型バイクまでの廃車手続きになります。

まとめ

このページでは、さいたま市でバイクを買取・廃車してもらい簡単に捨てる方法とその手続きを紹介しました。

バイクの処分1つをとってもそのバイクの大きさによって異なる所定の手続きを踏みますが、必要書類や申告書の種類などを押さえておけば、簡単に行えるようになっています。

他のページでもさいたま市のゴミの捨て方や廃棄に関わる情報を配信しておりますので、ゴミ・リサイクルに関する情報を調べたいときは、今後とも『さいたま市ゴミ回収センター』のウェブサイトをご活用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お問い合わせ

さいたま市のゴミ回収センターに関するお問い合わせは以下のボタンをクリックしてフォームに内容をご入力ください。

お問い合わせ